Stadium talks Vol.1「ミクニワールドスタジアム」

6月25日、今年開業し話題のミクニワールドスタジアム(通称:ミクスタ)を見るために北九州まで行ってきました。

 

前日、博多でソフトバンクの試合を観に行っていたので博多駅から小倉駅までの移動。休日なら新幹線移動でも往復3,090円というお得な切符がありました。

新幹線よかよかきっぷ

これなら博多の方のイベントとも組み合わせやすいですよね。

(遠征決断にこの切符の存在はかなり大きかったです。)

 

JR小倉駅からミクスタまでは歩いて約10分。

 

ゲートではマスコットのギランが出迎えてくれました。

今回、メインスタンド下段に座れるS自由席(前売り3,000円)を購入。このチケットでメインスタンド上段のA自由席など他の席にも入ることが出来たので、時間が許す限りスタジアム内を探検してみました。

 

まずはホームゴール裏上段。前方の席はもちろんですが、最後列でも十分に見やすい作りです。

ゴール裏2階席最後列からの眺め。

しかし驚いたのはテレビカメラ横のあたりに落ちていたコレ!海鳥の食べ残しなのでしょうか…これもまた海のすぐ横に建つスタジアムならではなのかもしれません。

 

続いてはメインスタンド上段のA自由席。最後列一番端の席からでもこれだけ見やすいのは素晴らしい。

最終的にはビジター寄りの前から2列目の席をチョイス。展開が非常に見やすく、海とその向こうに見える山という景色が楽しめる席となっています。バックスタンドの向こう側で海のボールパーソンがウロウロしているところを観察できるのもまた一興。ポイントを探っている海のボールパーソンの姿はどこか愛らしいものを感じます。

この日は梅雨空ということもあり、客の出足も鈍かったので続いてはビジター側のゴール裏を散策。この日の相手はJ3ではサポーターも多い方の長野パルセイロでしたが、ビジターのサポーター席は端に寄せられていたため、ゴールの真裏はホーム自由席扱いでした。

 

最前列でシュート練習を眺めていました。枠から逸れたシュートはもれなくスタンドイン。とても迫力があって、近くにいた中学生くらいのサッカー少年も興味深そうに眺めていましたね。これだけ近くでプロの技を感じられるのもサッカー少年・少女にとっては貴重な体験かもしれません。

ハーフタイムはバックスタンドの方へ。裏はすぐそこに海。

 

海ではこの日のボールパーソン、第5秀丸が佇んでいました。お勤めご苦労様です。この日はボールが「海ポチャ」することはありませんでした。

後半は本来のS自由席に。アウェイ寄りの方で何故か最前列が空いていたのでそこに着席。すぐそこにストレッチ中の長野・塩沢選手。

近い・・・目の前で控え選手のアップが展開されます・・・最前列に座るとアップする選手で試合が観づらいというのもまた贅沢な悩みですね・・・

このS自由席、少し後方に下がればもちろんかなり見やすい席です。遠征アウェイサポーターはゴール裏のみならず、この席も検討した方がいいかもしれません。

この日の試合ハイライト↓

天気があまり良くなかったのが残念でしたが、満足度の高いスタジアムでした。気に入ってしまったので8月下旬再訪したいと思います!